サイト移転しました → GLOSSY

     
  1. >
  2. >
  3. WordPress…
  • 最終更新日:
  • 投稿者: @signpostme

WordPressに導入した必須プラグインまとめ vol.1

みなさんご存知の無料CMS、「WordPress」をこのサイトでも利用していますが、最初に自分が導入したプラグインのご紹介をしたいと思います。まずは基本編ということで、おなじみのものからご紹介します。

WordPressとプラグイン

「WordPress」は、オープンソースのブログソフトウェアです。PHPで構成されており、操作が簡単かつ美しい「テンプレート」や様々な拡張が行える「プラグイン」が多数存在するのが人気の秘密です。今回は、プラグインの中でも必須と言えるものをいくつかご紹介します。

 

 

 

※注意事項※

必ずしも入れろという意味ではなく、やはりプラグインはそのサイトの内容によって導入するかしないかは変わってくると思いますので、ご参考程度になればと思います。

 

また、導入により不具合が生じる場合がございますので、必ず導入前にバックアップを取ることをお勧めします。

 

wp-plusgin-vol1-top

 

1. Akismet

WordPressをインストールした際に標準で付いてくるプラグインです。

このプラグインは、迷惑コメントやスパムなどの投稿を防いでくれるプラグインとなります。

コメントフォームを多く多用するサイトで役に立ちます。有効化の際、公式サイトによる認証が必要になりますのでご注意ください。

 

公式サイト: Akismet

 

 

 

2. WP Multibyte Patch

こちらのプラグインも最初からインストールされるプラグインの一つです。

WordPress のマルチバイト文字の不具合を解消してくれる必須プラグインですので、迷わず有効化しておきましょう。

使い方に関しての説明は特になく、有効化するだけで効果が見込めます。

 

 

 

3. WP Show IDs

このプラグインは、WordPressで投稿された記事一つ一つに対する記事IDを表示してくれるプラグインです。

記事のIDで管理しているユーザーにとっては便利なプラグインだと思います。

URLからいちいち確認する必要がなくなるので、便利ですね。

 

ダウンロード: WP Show IDs (WordPress.org)

 

 

 

4. Auto Post Thumbnail

このプラグインは、記事のサムネイル(アイキャッチ)画像を自動で設定してくれるプラグインです。

本来の手順であれば、自分でサムネイル用の画像を用意し記事投稿の際に設定しなければいけません。

このプラグインを使えば、記事中の一番最初の画像をサムネイル画像として設定してくれます。

 

画像のサイズなどは設定で変更することができ、過去の投稿にもすべて反映させることができるため大変便利なプラグインです。

 

ダウンロード: Auto Post Thumbnail  (WordPress.org)

 

 

 

5. All In One SEO Pack

SEO対策が簡単に行えるプラグインになります。

キーワードやサイトの概要などの設定がまとめて設定できるので、このプラグインを使ってしっかり対策すると集客アップが見込めるはず。

インストール後、設定画面からタイトルやキーワードなどの情報を編集して適用させます。

 

このプラグインに関しては後日詳しく説明したいと思います。

 

ダウンロード: All In One SEO Pack (WordPress.org)

 

 

 

6. Yet Another Related Posts Plugin

このプラグインは、記事の終わりに関連記事を表示してくれるプラグインになります。

表示させる記事は、その記事との関連ポイントによって決定し、より正確に関連する記事を表示させることができます。

表示方法もリスト形式やサムネイル表示形式など様々で、アクセスアップにもつながる便利なプラグインです。

 

ダウンロード: Yet Another Related Posts Plugin (WordPress.org)

 

 

 

7. WordPress Popular Posts

こちらは人気記事を表示させるプラグインになります。

アクセスが多かった順、コメント数が多い順など様々な順序で記事一覧を表示させることができます。

特にニュースサイトや技術ブログなどの人に多く見せたい!というサイトは必須プラグインじゃないでしょうか。

 

このプラグインに関しても後日説明用の記事を投稿する予定です。

 

ダウンロード: WordPress Popular Posts (WordPress.org)

 

 

 

8. Facebook, Twitter & Google+ Social Widgets

記事の終わりや投稿一覧ページなどにソーシャルウィジェットを設置することができるプラグインです。

設置できるボタンは、「Twitter」「FaceBook」「Google+」の3種類となっています。

今の世の中はSNSでもアクセスアップが見込めますので、SNSとの連携は必須といっても過言ではないでしょう。

 

ダウンロード: Facebook, Twitter & Google+ Social Widgets

 

 

 

9. Google XML Sitemaps

このプラグインは、サイトマップを自動で生成してくれるプラグインになります。

サイトの内容を隅々まで送信することができるので、アクセスアップにつながると思います。

Google検索に引っかからない、掲載されないとお悩みの方はこのプラグインを導入してはいかがでしょうか。

 

ダウンロード: Google XML Sitemaps (WordPress.org)

 

 

 

10. Quick Cache

WordPressはPHPでHTMLを生成して表示させているので、どうしてもキャッシュが溜まりやすく動作が重くなってしまうことがあります。

そんな時に、定期的にキャッシュをクリアすることが可能になるプラグインです。

接続が遅い…と感じたときはこのプラグインを導入してポチっとキャッシュをお掃除してあげると良いかもしれませんね。

 

ダウンロード: Quick Cache (WordPress.org)

 

 

 

まとめ

上記のプラグインは、このサイトでも実際に利用しているプラグインの一部です。

特にこのサイトは多くの人に見てもらうのが目的なので、SEO対策関連のプラグインを多めに取り入れています。

 

サイトの内容や目的に応じて導入するプラグインを決めていくと良い効果が得られるかもしれませんね。

ただし、プラグインの入れすぎにはご注意を。不具合の原因やサイトを重くする原因になったります。

 

しっかり考えて、使いやすく便利なWordPressにカスタマイズしましょう。

 

新着記事を見る

TOP