サイト移転しました → GLOSSY

     
  1. >
  2. >
  3. WordPress…
  • 最終更新日:
  • 投稿者: @signpostme

WordPressとTwitterを連携させるプラグイン「WP to Twitter」

TwitterとWordPressを連動させることができるプラグイン「WP to Twitter」をご紹介します。詳細設定が可能で、なおかつ導入手順もシンプルなのでお勧めです。

今まではWordPressで書いた記事のタイトルとURLをTwitterへ投稿するために「Simple Tweet」を利用していましたが、どうやらAPIの仕様が変更され、エラーが出るようになってしまいました。

そこで調べてみた結果、今回ご紹介する「WP to Twitter」はAPIの仕様変更にも対応しているらしいので使ってみることにしました。

twi

[ WP to Twitter ダウンロードページ ]

「WP to Twitter」 インストール手順

まずは、 WP to Twitter ダウンロードページへ移動してプラグインをダウンロードするか、WordPressの設定画面→プラグイン→新規追加から「WP to Twitter」と検索してインストールします。

インストールが完了したら、有効化してプラグインの設定画面を開きます(設定→WP to Twitter)。

twi01

最初はこのようにエラーが表示されると思いますので、「Twitterアプリケーション登録ページ」をクリックして登録ページへ移動します。

移動したら、WP to Twitterと連動させたいTwitterアカウントでログインしましょう。

ログインが完了したら、画面右上のほうにある「Create new application」をクリックしてアプリの作成画面に移動します。

twi01

作成画面に移動したら、以下のような感じで項目を埋めていきましょう。

必須項目さえ埋めてしまえば準備は完了。あとは規約に同意してアプリケーションを登録しましょう。

twi02

登録に成功したら、自分のアプリケーション一覧に先ほど作成したアプリケーションが追加されているはずです。

そのアプリケーションの「Settings」をクリックして、設定画面へ移動しましょう。

twi03

設定画面へ移動したら、ページ下部のほうへスクロールしていくと「Application Type」という項目とチェックボックスがあるはずです。

作成したばかりでは「Read only」となっているため、Twitterへの投稿の権限が無いことになってしまいます。

ですので、チェックボックス二つ目の「Read and Write」に変更して設定を保存しましょう。

twi04

設定が完了したら、Settingsのタブの右隣にある「OAuth tool」の項目へ移動します。

twi06

そのすぐ下にある、「Consumer Key」「Consumer Secret」「Access Token」「Access Token Secret」をそれぞれコピーして、

「WP to Twitter」の設定画面のそれぞれ空いている項目のところへペーストします。

twi02

4つともすべてコピペしたら、下のある「Twitterと連携」ボタンをクリックします。

先ほど作成したアプリケーションとTwitterアカウントとの連携を許可するかどうか聞いてきますので、もちろん許可しましょう。

無事、アプリケーションとTwitterアカウントの連携が完了していればひとまず「WP to Twitter」のインストールは完了です。

twi03twi4

「Wp to Twitter」の設定

アプリとの連携が完了した後は設定の項目が表示されていると思いますので、設定していきましょう。

twi05

とりあえず上記のように項目を書き換えました。

投稿されるタイミングや投稿するページは固定ページなのか投稿ページなのかなど、様々な設定を行うことができます。

URLの短縮サービスも利用できますので、自分のお好きな短縮サービスを設定しましょう。自分の場合は、アカウントの登録が面倒だったのでGoogleの短縮サービスを利用しています。

これで、WordPressに記事を書いた後と編集した後に自動でTwitterへつぶやいてくれるようになりました。

これからはSNSとの連携も非常に大事になってくると思うので、ぜひぜひ活用してみてください!

あとTwitterのアカウントもよろしければフォローお願いしまーす!

新着記事を見る

TOP