サイト移転しました → GLOSSY

     
  1. >
  2. >
  3. 誰でもスタンプ販売…
  • 最終更新日:
  • 投稿者: @signpostme

誰でもスタンプ販売が可能になる「LINE Creators Market」の申し込み方法・注意点まとめ

LINEのスタンプをだれでも販売できるようになる「LINE Creators Market」が発表され、4月の受付開始に向けて制作を進めているクリエイターの方々も多いことでしょう。しかし、応募にはいくつかの注意点があるので軽くまとめてみます。制作を考えている方は参考にしてみてください。

stamp

「LINE Creators Market」は誰でもスタンプが販売できるのですが、やはりお金が発生する以上さまざまな規約や条件が存在します。

これらの条件に当てはまっていなければ、どれだけクオリティが高かろうが完成度が高かろうが無効になってしまうので注意してください。また、条件をクリアしていても推奨されない表現方法などもありますので、しっかりと説明文を読み応募するようにしましょう。

引用元: LINE Creators Market

必要になるもの

1. LINEのアカウント

2. クリエイター登録

3. 販売するスタンプ40個、メイン画像1個、トークルームタブで使用する画像1個の合計42個の画像

4. 振り込み可能な銀行口座

必要な枚数は決まっている

1、2、4番は簡単に用意可能だと思いますが、やはり一番重要になってくるのが3番。用意する画像は42個でなければなりません。多すぎても少なすぎてもダメで、40種類のバリエーションを用意しなければいけません。

必要になる画像について

メイン画像 … 必要数:1個 /  フォーマット:PNG / サイズ:240×240 pixel

スタンプ画像 …  必要数:40個 / フォーマット:PNG / サイズ (最大):370×320 pixel

トークルームタブ画像 … 必要数:1個 / フォーマット:PNG / サイズ:96×74 pixel

stamp02

画像の余白 … トリミングされた画像とコンテンツの間にスペースが必要。

img_gl_05

画像サイズとスペースの取り方に注意!

簡単にまとめると、形式はすべてPNGでスタンプのサイズは上記の通り、スタンプとコンテンツの間にスペースが必要になります。

既定のサイズより大きめにイラストを描き、スペースのことを考えながらリサイズしていくのが早いかと思います。大きすぎても小さすぎてもバランスが悪くなってしまいますのでしっかり考えてイラストを用意しましょう。

制作のガイドライン

  • 推奨されるスタンプ
  • 1. 日常会話、コミュニケーションで使いやすいもの
  • 2. 表情、メッセージ、イラストが分かりやすくシンプルなもの
  • NGなスタンプ
  • 1. 日常会話で使用しにくいもの(例:物体、景色など)
  • 2. イラストでないもの(例:写真や顔写真など)
  • 3. 視認性が悪いもの(例:横長な画像や、8頭身キャラクターの全身など)
  • 4. スタンプ全体のバランスを著しく欠いているもの(例:淡色ばかりのもの、単なる数字の羅列など)
  • 5. 公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るもの
  • そのほかの注意事項
  • 1. ユーザーに有料で提供するスタンプは、宣伝を目的としておりません。 したがって、スタンプ画像、タイトル、テキストにおける告知表現(○月○日発売など)や、単なる企業ロゴの掲載は不可となります。
  • 2. スタンプを購入するために個人情報やIDを提供する必要のある場合の利用は一切お断りしております。 LINE以外のインターネットサービス、メッセンジャーアプリ、またはそれに類するサービスの名前に言及しているもの、またはそれに関するキャラクターの配信は一切お断りしております。

 ガイドラインに沿った制作を

イラストである事は必須条件、そのほか、スタンプとして成立していないものは利用することができません。

もちろん既存のキャラクターを利用することもできませんし、完全にオリジナルキャラクターでなければ利用することはできないと思われます。なおかつ表現力豊かなスタンプ(40個)が求められていますので、なかなかハードルも高くなりそうですね。

二次創作キャラクター、2ちゃんねるのキャラクターもNG

「その他の注意事項」にもあるように、ほかのサービスに関連するキャラクターの利用は不可能となっています。

そのため、既存のキャラクターの二次創作や2ちゃんねるなどのAAキャラクターをスタンプとして利用することは出来ないようです。完全オリジナルであることが前提であるため、これに関しては仕方ないと思いますが、パロディくらいならセーフだと思います…たぶん。

しっかり規約を守って制作しましょう。

引用元: LINE Creators Market

新着記事を見る

TOP